敏感肌 のための 塗らない 飲む 日焼け対策 紫外線対策 サプリ 日焼け止め

敏感肌 のための 塗らない 飲む 日焼け対策 紫外線対策 サプリ 日焼け止め

あえて塗らない日焼け対策!

敏感肌だと、いくらノンケミカルの
日焼け止めを選んでも肌が負けてしまう
人も少なくありません。

そこで最近注目されているのが
紫外線対策サプリメントなんです!

>>紫外線対策サプリメントの詳細 

2016年ごろから注目の紫外線対策サプリメント

近年注目の飲むタイプの紫外線対策!

2016年から注目され始めたのが
飲むタイプの紫外線対策なんです!

敏感肌だったら、そもそも肌に塗る
日焼け止めがなかなか見つからないですよね。

ただ、日焼け止めがあったとしても
日焼けしないのはなかなか難しいのが
現状なんです。

どうしても塗る日焼け止めでも

・頻繁に塗り直す必要がある
・塗りムラや塗り忘れがあると焼ける

などデメリットもあるんですよね。

特に日焼け止めは1回塗れば
完璧ってわけではないんです。

こまめに塗り直さないと、しっかり
日焼け対策するのは難しいんです。

敏感肌の場合だと、塗るタイプで
しっかり紫外線対策すると
肌への負担がかかりすぎるんですよね。

その点、注目されているのが
飲むタイプの紫外線対策サプリなんです。

>>紫外線対策サプリメントの詳細 

事前に飲んでおくことで
紫外線から肌を守ってくれるんですよね。

肌の弱いと言われている
白人さんの間ではもう常識になるほど
浸透しているんです。

これだと、飲んでおくだけなので
日焼け止めで肌への負担もかかりませんし
塗りむらがあっても焼けないんです。

理想は塗るタイプとの併用ですが
肌が敏感で塗れない人の紫外線対策として
去年から注目されています。

>>紫外線対策サプリメントの詳細 

目からの紫外線の影響もしっかりブロック!

目からの影響が大きい! 

日焼け止めをしっかり塗ってたのに
焼けてしまった!

という経験をしたことありませんか??

意外と知られてないのが目からの
紫外線の影響なんです。

肌にしっかり日焼け止めをぬっていても
目から紫外線が入ることで

体が日焼けした!

と判断してしまうんです。

これによってメラニンを作る
メラトニンという細胞が反応して
日焼けしてしまうと言われています。

この日焼けは塗るタイプをいくら
こまめに塗っても防ぎきれないんです。

その点でも、飲むタイプの日焼け止めとの
併用がすすめられる理由なんです。

今年の夏は絶対焼きたくない人には
必須のサプリなんですよね。

>>紫外線対策サプリメントの詳細 

気温が高くなる7月、8月になって
紫外線対策をはじめる人が多いですが
それでは遅いんです。

5月くらいから紫外線が一気に
強くなると言われています。

気温とは関係なく紫外線は
さしていることが多いんです。

特に肌が敏感で紫外線対策が
しにくい人こそ早めの対処が必須ですよ!

初回980円で、しかも返金保証も
付いているので試しやすいのも魅力。

肌は弱い人こそ使うべき紫外線対策
サプリメントなんです!

>>紫外線対策サプリメントの返金保証の詳細 

敏感肌 でも使える 日焼け止め ノンケミカル 紫外線吸収剤 フリー 日焼け止め

敏感肌 でも使える 日焼け止め ノンケミカル 紫外線吸収剤 フリー 日焼け止め

敏感肌でも使える日焼け止め!

敏感肌で悩むのが使える
日焼け止めが全然ないことですよね。

特に市販の日焼け止めは刺激が
強いものが多く日焼け対策はしたいけど
塗れないんですよね。

そんな肌が弱い人にオススメなのが
このラピスラズリという日焼け止め。

>>敏感肌でも使える日焼け止めの詳細

肌荒れの原因になる紫外線吸収剤フリーの日焼け止め

成分にもこだわった日焼け止め!

敏感肌の日焼け止め選びで
こだわりたいのが成分なんです!

一番の肌荒れの原因になる成分が
紫外線吸収剤という成分なんです。

この成分が入っているかどうかが
肌が弱い人にすっごく重要です。

よくBBクリームやファンデーションでも
ノンケミカルという表記が書いてあるのを
みたことありませんか??

実は、ノンケミカルは化学物質が入ってない
という意味ではないんです。

この紫外線吸収剤が入ってない!

というのが正しい意味なんです。

なので、夏用の化粧品でノンケミカルでは
ないものは、この紫外線吸収剤が入っているので
肌への負担が大きいと言われています。

日焼け止めも同じように、紫外線吸収剤
フリーのものを選ぶことで肌への
負担を限りなく小さくできるんです!

もちろん、紫外線吸収剤フリーでも
紫外線対策はできます!

紫外線吸収剤の代わりに
紫外線散乱剤というのが代わりに
使われているので安心です。

>>紫外線吸収剤フリーの日焼け止めの詳細 

石鹸で落とせる日焼け止めを選ぶ!

石鹸で落とせる日焼け止めを選ぶ!

敏感肌の日焼け止め選びで注意
したいのが石鹸で落とせるかどうか。

というのも、簡単に落ちない日焼け止めだと
クレンジングで落とす必要が出てきます。

敏感肌だとクレンジングでも
また、肌が荒れてしまうんですよね。

だからこそ石鹸で簡単に落とせるものを
選ぶのがポイントなんです!

その点、ラピスラズリはphによって
落ちやすさを調整しているので
石鹸でするんと落とせるのが魅力。

だから肌が弱い人でも安心して使えるんです。

敏感肌だと普段の化粧品でも合う
合わないがはっきりしているので
新しいものを試すのも慎重になりますよね。

その点、この日焼け止めなら返品保証も
付いているので安心して試せます!

肌に合わなければ返品すればいいだけなので
安心して使えますよ!

>>返品保証の詳細を確認する  

 

それでも肌が敏感すぎて塗るのに
抵抗ある方に選ばれる新しい紫外線対策

>>飲む日焼け止めサプリの詳細を見る! 

肌に 優しい 低刺激 の 日焼け止め 敏感肌 でも 使える 紫外線吸収剤 フリー 日焼け止め

毎年梅雨が明けると、ギラギラの眩しい太陽光が容赦なく降り注ぎます。洗濯物を干すだけでも日焼けしてしまうほど、紫外線がキツイ季節がやってきました!素肌を紫外線から守りたくて、日焼け止めを毎年購入してしまう40代の私がいます。
でも、日焼け止めを簡単に購入したことなんてこの2.3年はありません。どれがいいのか悩みに悩んで選んでいます。

 

私の日焼け止め選びのポイントは…。

 

①肌に優しい成分で作られているもの
②ウォータープルーフであるもの
③塗ってます感がでないもの

 

自然な感じの仕上がりで、汗につよく、肌にやさしい日焼け止め!これがほしいのです。

 

こんなわがままでこだわりだらけの日焼け止めなんてそうないですよね!?
①の肌に優しい成分で作られている日焼け止めは、どうしてもSPFが低く日焼け止め効果があまりありません。日常生活でも日焼けしてしまうのは、なんか嫌ですよね。

 

②のウォータープルーフのものは、クレンジングしてもなかなか落ちなかったり、日焼け止めを塗りましたよ!とまるでアピールしているかのような厚塗り感があったりと、ウォータープルーフだけを重視してしまうと残念な肌の質感になってしまいます。
だからといって、汗をかいてすぐに流れてしまう日焼け止めは意味がないような…。私はよく口の周りに汗をかくのですが、ウォータープルーフではない日焼け止めを塗ると、口の周りだけがすぐに落ちて、そこだけ真っ赤に日焼けしている時があったりします。日焼けした肌は簡単には白くならないので、ずっと気に入らない肌の状態を受け入れ続けなければならない。それは、つらいです。

 

③の塗ってます感がない自然な仕上がりになる日焼け止めを見つける!これが一番難しいことだと思います。

 

さあ、この難しい条件をクリアした日焼け止めは存在するのでしょうか?…。
探しました。そして…ありましたよ。

 

肌に優しいウォータープルーフの日焼け止め

 

それは…‘’ビューティフルスキン‘’の「ノンUVミルク」です。

 

ビューティフルスキンは、皮膚科医が考案した化粧品で、本当に肌に優しい成分で作られているものばかりです。
このノンUVミルクは、ウォータープルーフに加えて、SPF30PA+++と日常生活では充分の紫外線対策効果があります。

 

あとは、自然な仕上がりかどうか…。これには工夫が1つ必要です。
塗った直後は、ギラギラと光る肌になってしまう為、あぶらとり紙で光っている部分を取り除く!この手間さえ惜しまなければ、理想的な自然な肌に仕上がります。

 

もちろん肌に優しい成分で作られているので、クレンジング後の素肌に影響はなく、日焼けもしていません。
この日焼け止めのおかげで、真夏も恐くない40代の私がいたりします。